身体または精神に障害のある児童の福祉の増進を図るための制度です。

手当を受けられる方

 政令で定める1級及び2級の障害等級に該当する程度の障害のある20歳未満の児童を監護している父か母、または障害のある児童と同居し、養育している父母以外の養育者。

 *父と母が監護している場合は、主として障害を有する児童の生計を維持する方。

手当を受けられない場合

(1) 手当を受けようとする方や児童が日本国内に住所を有しないとき

(2) 児童が施設に入所しているとき(ただし、通所している場合は除きます。)

(3) 児童が障害を理由とする年金を受けることができるとき

(4) 手当を受けようとする方や、同居の扶養義務者などの所得が一定額以上であるとき

 

手当の額  【平成29年4月現在】

 障害等級1級   月額51,450円

 障害等級2級   月額34,270円

 

手当の支給

 原則として、申請した月の翌月分から支給されます。

 支給月は、4月・8月・11月の年3回です。支給月の前月までの4か月分(11月の支給は当月分まで)が、指定した金融機関の口座へ振り込まれます。

 

手当を受けるための手続き

 ※必ず、事前に保健福祉課子育て支援係へご相談ください。

 必要書類を添えて、保健福祉課子育て支援係で認定請求をしてください。
 

必要書類

  1. 請求者と対象児童の戸籍謄(抄)本
  2. 同居している方全員分の住民票
  3. 診断書(省略できる場合があります。)
  4. 請求者名義の預(貯)金通帳
  5. 印鑑

 ※これ以外にも必要となる場合がありますので、必ず事前にご相談ください。