平成20年5月1日から窓口における本人確認が必要になりました

平成20年5月1日から、戸籍・住民票などの証明書請求時や、戸籍・住所変更などの届出の際には本人確認書類の提示が必要になりました。本人確認書類は、以下のいずれかの書類になります。

 

※「氏名及び住所」又は「氏名及び生年月日」が確認できるものであることが前提です。

  1枚の提示で足りるもの 2枚以上の提示が必要なもの
証明書の種類

・運転免許証
・住民基本台帳カード(写真付きのもの)
・旅券(パスポート)
・国又は地方公共団体の機関が発行した身分証明書
・海技免状
・小型船舶操縦免許証
・電気工事士免状
・宅地建物取引主任者証
・教習資格認定証
・船員手帳
・戦傷病者手帳
・身体障害者手帳
・療育手帳
・在留カード又は特別永住者証明書

など  

(1)

 ・住民基本台帳カード(写真がないもの)
 ・健康保険被保険者証

 ・後期高齢者医療被保険者証

 ・介護保険被保険者証
 ・各種年金証書または年金手帳


(2)
 ・学生証

 ・写真付き法人身分証等

 ・通帳またはキャッシュカード

 ・公共料金領収書等

 ・診察券

など

 
(1)から2点、もしくは(1)と(2)で2点の提示が必要です。  

※(2)の書類が2枚以上あっても確認できませんので、ご注意ください。 

※ 郵便で請求する場合には、上記の左欄又は右欄(1)の書類のうち現住所が記載されているもの1点が必要です。