病院に入院したときは

入院時の食事代

 入院したときの食事代は、次のように定額を負担します。

 

入院時食事代の自己負担額(1食当たり)

所得区分(適用区分)

1食あたりの食事代

現役並み所得者及び一般

260円

低所得Ⅱ

(区分Ⅱ)

90日までの入院

210円

90日を超える入院
(過去12ヵ月の入院日数)

160円

低所得Ⅰ(区分Ⅰ)

100円

 

療養病床に入院する場合

 療養病床に入院する場合には、食費・居住費を負担します。標準負担額は次のとおりです。

 

食事・居住費の標準負担額

所得区分(適用区分)

食費(1食当たり)

居住費(1日当たり)

現役並み所得者及び一般

460円※

320円

低所得Ⅱ(区分Ⅱ)

210円

320円

低所得Ⅰ(区分Ⅰ)

130円

320円

低所得Ⅰ(区分Ⅰ)老齢福祉年金受給者

100円

0円(負担なし)

※一部の医療機関では420円の場合もあります。(施設基準等によるもの)

 

高額の治療を長期間続けるとき

 高額な治療を長期間継続して受ける必要がある厚生労働大臣が指定する特定疾病(先天性血液凝固因子障害の一部、人工透析が必要な慢性腎不全、血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症)の場合、申請により「特定疾患療養受療証」が発行されると毎月の自己負担額は10,000円までとなります。
申請には医師の診断書、保険証、印かんが必要です。