ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム南三陸町

  • 文字を小さく
  • 文字を元に戻す
  • 文字を大きく

Menu

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

志津川都市計画区域内での復興計画

志津川市街地での主な取り組み

 志津川市街地の復興計画では、“被災市街地復興推進地域の指定”及び“都市計画による事業”と“都市計画によらない事業”があります。

 ≫ 被災市街地復興推進地域とは

 ≫ 都市計画についてはページ下部「都市計画とは」参照

都市計画による事業

① 津波復興拠点整備事業

② 被災市街地復興土地区画整理事業

③ 震災復興祈念公園

④ 都市計画道路事業

(イメージ図 H25.2時点)上記の事業場所を示しています。

 

 

都市計画によらない事業

防災集団移転促進事業

災害公営住宅整備事業

復興拠点連絡道路、高台避難道路

④ 漁港・防潮堤

⑤ 河川堤防(水尻川、八幡川、新井田川)

(イメージ図 H25.2時点)上記の事業場所を示しています。

都市計画とは

  「都市計画」とは、都市の健全な発展と秩序ある整備を図るための土地利用、都市施設(道路・公園など)の整備及び市街地開発事業に関する計画で、南三陸町が定める都市計画は、南三陸町都市計画審議会の議を経て決定されます。

 ≫南三陸町都市計画審議会とは 

都市計画区域と用途地域

 「都市計画」の対象となる区域が都市計画区域で、南三陸町では、志津川の一部の区域が昭和12年3月に当初決定され、その後、区域の見直しが行われ、昭和42年9月に現在の都市計画区域となりました。

 用途地域は、将来の土地利用を踏まえ、市街地において住居、商業、工業、その他の用途を適切に配分することにより、都市機能の維持増進や居住環境の保全を図ることを目的としています。

 現在、低層住宅地の環境を守る第一種低層住居専用地域をはじめとして9種類の用途地域を指定していますが、今後の復興事業に合わせて用途地域の見直しを予定しています。

 ≫都市計画図はこちら [847KB pdfファイル] 

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です

ページトップに戻る

ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる