南三陸少年少女自然調査隊

南三陸町の自然や文化に関心を持つ町内の小学4年生から中学3年生を対象とした自然体験クラブ「南三陸少年少女自然調査隊」が、2019年5月に発足しました。当センターでは、南三陸少年少女自然調査隊といっしょに南三陸町の自然や文化を学ぶプログラムを実施しています。

南三陸少年少女自然調査隊の詳しい情報はこちらをご覧ください。

小中学校への出前授業

近隣の小中学校を対象とした、南三陸町の海洋資源・水産物に関する出前授業を行っています。また、南三陸町の海をフィールドとした臨海実習等への協力も行っています。

2018年度の小中学校への出前授業の実施実績はこちらをご覧ください。2018年度 自然環境活用センター(ネイチャーセンター準備室) 小中学校への出前授業実施実績.pdf [55KB pdfファイル] 

  

地元の小中学校への出前授業の様子

 

2019年度 南三陸町自然環境活用センター 小中学校への出前授業実績
日付 学校名 学年 人数 内容
 6月11日  気仙沼市立小泉小学校  5年生 7名 宮城県の海の環境に関する授業 
 6月12日  気仙沼市立唐桑小学校  3年生 20名 ワカメに関する授業 
6月26日 戸倉小学校 5-6年生 14名 南三陸町の海洋環境に関する授業 
6月28日 伊里前小学校  4年生 20名 南三陸の海とワカメに関する授業

 

地元の高校との連携

当センターでは、2017年春より宮城県志津川高等学校自然科学部が実施している南三陸町内の生物調査に協力しています。松原干潟の生物相調査に加え、2018年春より町内を流れる八幡川下流域の生物相調査もスタートしました。

志津川高校自然科学部との調査の実績
日付 場所 調査内容
2017年5月27日 松原干潟 干潟の生物相調査
2017年6月24日 松原干潟 干潟の生物相調査
2018年5月20日 松原干潟 干潟の生物相調査
2018年6月2日 松原干潟 干潟の生物相調査
2018年6月5日 八幡川下流域 河川の生物相調査
2019年6月8日 松原干潟 干潟の生物相調査
2019年7月20日 八幡川下流域 河川の生物相調査
干潟調査

東日本大震災に伴う大津波により甚大な被害を受けた旧志津川市街地に位置する八幡川河口(松原干潟)がフィールドです。希少な生物も多く見つかり、多様性豊かな貴重な自然環境であることが確認されています。今後も生徒たちとともに調査を継続していく予定です。

 

松原干潟の背景

50年前、八幡川河口付近は砂浜で潮干狩りなどが楽しまれていた場所でした。1960年に起こったチリ地震津波により防潮堤が築かれ、公園になりました。しかし、2011年東日本大震災の津波により防潮堤が壊され、再び干潟に戻りました。震災後、巨大防潮堤が作られ埋め立てられる計画でしたが、住民の運動により干潟が守られることになりました。干潟が壊されるという例は数多く聞きますが、自然災害により干潟となった場所が守られた例は全国でもあまり多くありません。震災から6年が経ち復興工事も進み、町の風貌が少しずつ見えつつあります。守られた干潟にはどんな生き物たちがいるのか調査をして見たところ、たくさんの貴重な生き物が見つかり、干潟が自然の姿に戻りつつあることを証明してくれました。

この豊かな自然に囲まれた地で生きるものとして、これらの干潟を含む自然環境を守り伝えていく必要があります。南三陸町では志津川湾をラムサール条約湿地に登録する準備を進めており、順調に行けば2018年10月に登録される予定です。登録された際には、町民で自然環境の保護と活用をしていく姿勢を見せていくことが重要だと考えています。

(志津川高校自然科学部作成の図鑑「松原干潟の生き物たち」より引用)

2017年度の様子
  

高校生との調査の様子

   

左:トリウミアカイソモドキ 中:ヨモギホンヤドカリ 右:カネココブシガニ

2011年に発生した東日本大震災により防潮堤が壊され、再び干潟に戻った松原干潟にどのような生きものがいるのか、興味を持った志津川高校自然科学部の部員の皆さんと一緒に調査を行いました。現在も続いている松原干潟の生物調査の記念すべき第一回目の調査でした。

2017年度の調査の結果は、こちらをご覧ください。第17回環境甲子園志津川高校自然科学部報告書.pdf [2317KB pdfファイル]   

2018年度の様子

 

 

松原干潟 

 

表層生物の探索              底土中生物の探索

  

左:スジホシムシモドキ 中:ジャムシ 右:オオヘビガイ

2017年度に引き続き、松原干潟の生物調査を行いました。2018年度では64種の生きものが確認され、2017年度と合わせて96種の生きものが松原干潟から見つかりました。そのうち、ジャムシなどのレッドリスト掲載種は、12種となりました。部員たちは、昨年度の調査結果との比較を行い、その結果を基にした研究発表を町内外で行いました。

2019年度の様子

 

松原干潟と隣接する八幡川河口域の様子

 

干潟生物研究者のみなさんの調査と種同定の様子

 

干潟のセミナーの様子(左:鈴木孝男博士、右:金谷弦博士)

3年目となった2019年度は、従来の松原干潟に加え、奥の水尻川河口近くの地点と八幡川の河口右岸の地点も新たに調査対象にしました。当日の調査には、みちのくベントス研究所の鈴木孝男博士や国立環境研究所の金谷弦博士をはじめとした、第一線で活躍する干潟生物研究者のみなさんに指導していただきました。オオノガイ(準絶滅危惧:宮城県)やクロガネイソギンチャクなど今回新たに見つかった種を含む64種の生きものが確認されました。これで松原干潟で見つかった生きものは合計120種となりました。

調査終了後には志津川高校にて鈴木孝男博士と金谷弦博士による「干潟のセミナー」が開催されました。高校生や町内外の方々を対象に、志津川湾の干潟の現状と、干潟生物の生態系における役割をテーマに講演していただきました。講演に合わせて、金谷博士には干潟の生きものを題材にしたベントスソング「外来種のなげき」を披露していただき、楽しい雰囲気のセミナーとなりました。

今年度開催された干潟のセミナーの詳しい内容は以下のPDFファイルをご覧ください。

八幡川下流域生物調査

2018年春より、八幡川下流域の生物相調査を行っています。八幡川は南三陸町内で最も広い流域面積を持つ河川です。現在、八幡川の下流域は河川堤の工事が進んでおり、そこに住む生物への影響を知るためにも、「八幡川下流域にどのような生物が住んでいるのか」という基礎的な調査が必要です。今後も生徒たちとともに継続してデータを集積していきます。

結果は、環境省が実施し、毎年日本全国で約8万人が参加している全国水生生物調査(外部)に提供し、インターネット上で公開されています。

なお、本調査は株式会社エコリスのみなさまに指導・協力をしていただきました。

2018年度の様子

 

  

八幡川下流域の様子

左:地点1 中:地点2 右:地点3

 

河川生物の採集の様子

  

左:ヤマメ 中:ウツセミカジカ 右:コオニヤンマ

2018年度は、松原干潟の生物調査に加えて、八幡川下流域を対象とした河川の生物調査を行いました。上流に近い淡水域と、海と川の水が混ざり合う汽水域で調査を行いました。淡水域では、コオニヤンマなどの水生昆虫やヤマメなどの渓流に生息する魚が確認されました。また、トンボの仲間のヒメサナエやヤマメと同じく渓流に住むウツセミカジカなど、レッドリスト掲載種も確認されました。汽水域では、クサフグなどの海水魚に加えて、レッドリスト掲載種のシロウオやニホンウナギが確認されました。高校生との調査により、身近な環境に豊かな自然が残されていることが分かりました。

2018年度の調査の結果は、宮城県環境生活部環境対策課のHP(外部)をご覧ください。

2019年度の様子

 

八幡川下流域の様子

左:汽水域 右:淡水域

 

調査の様子

 

左:ニホンウナギ 右:カワトンボ類

2019年度の八幡川下流域の生きもの調査は、今年度の5月に発足した南三陸少年少女自然調査隊と合同で行いました。今年度の調査は汽水域と淡水域のそれぞれ1地点ずつ計2地点で行いました。汽水域ではシロウオや今年度はじめて確認されたヌマガレイなどの汽水性の魚が確認されました。淡水域では、カワトンボ類や昨年度も見つかったレッドリスト掲載種のヒメサナエやウツセミカジカなどが確認されました。また、両地点で絶滅危惧種のニホンウナギの幼魚も見つかり、昨年度に引き続き貴重な野生生物の生息が確認されました。

各種講演等

ご依頼に応じ、各種講演等を行います。