KODOMOラムサールin南三陸町

 平成30年10月に南三陸町志津川湾がラムサール条約湿地に登録されました。登録を記念して、KODOMOラムサールを平成31年2月9日から11日までの2泊3日で開催しました。最終日の11日には、子どもたちが南三陸町の宝を話し合い、決定しました。

KODOMOラムサールとは、湿地と人とのかかわりについて調査研究、普及活動を行っているラムサールセンターが中心となり、平成18年から始まった子ども湿地交流イベントです。ラムサール条約に登録された湿地を舞台に、全国の湿地で活動する子どもたちが開催地に集合し、開催地の湿地の魅力について学び、考え、行動していく環境教育プログラムです。

KODOMOラムサールの参加者は、南三陸町内9名、全国から23名の合計32名でした。町内外から志津川湾及び南三陸町の自然体験を通し、子供たちの交流が生まれました。

また、最終日の公開会議では、多くの人が来場され子供たちの議論を見守りました。

南三陸町の宝

子供たちが選んだ南三陸町の宝は、

  1. ASCとFSC
  2. 山と海の関係性
  3. しんさいから復興する願いや強い心
  4. 人のやさしさ
  5. コクガンなどの生きもの
  6. きりこ

宝のメッセージは、

人々の守ってきた宝、世界にとどけ!いつまで藻

となりました。