小中学校への出前授業

近隣の小中学校を対象とした、南三陸町の海洋資源・水産物に関する出前授業を行っています。また、南三陸町の海をフィールドとした臨海実習等への協力も行っています。

  

地元の小中学校への出前授業の様子

小中学校への出前授業の実績(2018年度)
日付 場所 学年 人数 内容
5月15日 気仙沼市立唐桑小学校 3年生 14名 ワカメに関する授業
5月22日 志津川小学校 4年生 30名 ワカメに関する授業
7月3日 石巻市立寄磯小学校 3-6年生 6名 ワカメに関する授業
7月19日 気仙沼市立小泉小学校 5年生 7名 宮城県の海の特徴に関する授業
8月30日 名足小学校 5-6年生 16名 南三陸町の海の特徴に関する授業
9月28日 気仙沼市立月立小学校 3-6年生 20名 ワカメに関する授業
10月31日 伊里前小学校 4年生 17名 志津川湾の自然・ラムサール条約・ワカメに関する授業
11月6日 気仙沼市立面瀬小学校 5年生 62名 宮城県の海の特徴に関する授業
12月6日 名足小学校 3年生 9名 ワカメに関する授業
 

地元の高校との連携

当準備室では、宮城県志津川高等学校自然科学部の生徒が行っている町内の生物相調査に参加・協力しています。

志津川高校自然科学部との調査の実績
日付 場所 調査内容
2017年5月27日 松原干潟 干潟の生物相調査
2017年6月24日 松原干潟 干潟の生物相調査
2018年5月20日 松原干潟 干潟の生物相調査
2018年6月2日 松原干潟 干潟の生物相調査
2018年6月5日 八幡川下流域 河川の生物相調査
干潟調査

2017年春より八幡川右岸河口域松原干潟での生物相調査を行っています。

  

松原干潟と高校生との調査の様子

八幡川下流域生物調査

2018年春より、八幡川下流域の生物相調査を行っています。また、この調査で得られた結果は、環境省が実施し、毎年日本全国で約8万人が参加している全国水生生物調査(外部)に提供し、インターネット上で調査結果の公表および各調査地点との比較を行います。

なお、本調査は株式会社エコリスの旗薫氏と真部和代氏に指導・協力をしていただきました。

 

高校生との河川生物調査の様子

各種講演等

ご依頼に応じ、各種講演等を行います。