町内に所在する土地について、一定面積以上の大規模な土地の取引をしたときは、権利取得者(売買の場合であれば、買主)は、国土利用計画法第23条に基づき、契約を結んだ日から2週間以内に土地の利用目的などを届け出る必要があります。

届出先

この手続きは、町を経由した県知事への届出となりますので、町に届出書を提出してください。

※届出に必要な用紙類は、企画課に備付けてあります。詳しくはお問い合わせください。

届出が必要となる土地取引の規模

取引に係る土地が都市計画区域内かどうかによって、届出が必要となる基準面積が変わります。

都市計画区域外 10,000平方メートル以上の一団の土地
都市計画区域内 5,000平方メートル以上の一団の土地