≪このページでは、NTT東日本が提供する「災害用伝言ダイヤル(171)」のほか、通信各社が提供する大規模災害発生時用サービスについて紹介しています。≫


地震などによる大規模災害発生時には、安否確認やお見舞いなどで電話を利用する方が非常に多くなり、被災地域内における電話が大変つながりにくくなってしまいます。このため、町における障害者やひとり暮らしのお年よりなどの安否確認や消防、警察への連絡、被災者救援活動等に大変支障をきたします。

そこで、大規模災害発生時には、被災地域との電話による連絡を控え、災害時伝言ダイヤル171を活用しましょう。

また、災害はいつ起こるか分かりません。宮城県沖地震の発生確率も年々増加しています。「自分の身は自分で守る」という大前提のもと、いざという時のために、災害時伝言ダイヤル171の利用方法を確認しておきましょう。

災害時の電話利用方法((社)電気通信事業者協会ホームページ)

「災害用伝言ダイヤル171」を体験できます。
毎月1日(正月三が日を除く。)、防災週間(8月30日~9月5日)、防災とボランティア週間(1月15日~1月21日)に体験できます。
いざという時のために、利用方法を確認しておきましょう!

災害用伝言ダイヤル【171】

災害用伝言ダイヤル【171】は、大規模災害が発生した場合、被災地域内の電話番号をメールボックスとして、安否等の情報を音声により伝達するサービスです。

操作方法など、詳しくは、NTT東日本「災害用伝言ダイヤル(171)」のページをご覧ください。

iモード災害用伝言板

大規模災害が発生した場合、「iMenu」のトップに「災害用伝言板」が追加され、被災地域など登録可能エリアにいる方は、iモードサービスを利用してご自分の安否情報等を登録できます。
また、登録されたメッセージは、iモードサービス又はインターネットを利用して、全国から確認できます。

操作方法は、NTTドコモのホームページをご覧ください。

EZweb災害用伝言板

大規模災害が発生した場合、「EZweb」上に開設された「災害用伝言板」に、ご自分の安否情報等を登録することができます。
登録された安否情報などは、EZwebやインターネットを通じて全国から閲覧できます。

操作方法は、KDDIのホームページをご覧ください。

Yahoo!ケータイ 災害用伝言板

大規模災害が発生した場合、「Yahoo!ケータイ」の「災害用伝言板」メニューからご自分の安否情報を登録することができます。
登録されたメッセージは、Yahoo!ケータイのほか、インターネットを通じて他社携帯電話やパソコン等からも確認することができます。

操作方法など、詳しくは、SoftBank(ソフトバンク)のホームページをご覧ください。

災害用ブロードバンド伝言板「web171」

 大規模な災害が発生した場合、インターネットを通じて自分の状況連絡と家族や知人らの安否確認ができるNTTのサービスです。
専用サイトにメッセージを100文字以内で書き込めるほか、動画や音声も添付できます。
また、メッセージはパソコンや携帯電話でのネット接続により、全国から閲覧できます。

※このサービスは、災害時のみ開設されます。
※「災害用伝言ダイヤル171」と同様、毎月1日(正月三が日を除く。)、防災とボランティア週間(1月15日~1月21日)、防災週間(8月30日~9月5日)に体験できます。

詳しくは、≫NTT東日本「災害用ブロードバンド伝言板(web171)」のページをご覧ください