新型コロナウイルス 南三陸町独自支援

新型コロナウイルス感染症の拡大により事業への影響を受けた町内事業者に対し、給付金を支給します。

  南三陸町新型コロナウイルス対応経営継続給付金のお知らせ.pdf [845KB pdfファイル]  

南三陸町新型コロナウイルス対応経営継続給付金支給事業支給額算出表 [13KB docxファイル] 

 

■給付金支給額

1事業者当たり10万円から40万円

■支給対象者

以下の(1)から(4)の全てを満たす者


(1)令和3年4月1日時点で町内に本店を有し、引き続き町内で事業を継続する意思がある者。

(2)日本標準産業分類に掲げる業種のうち、次の業種
【建設業、製造業、電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業、運輸業、郵便業、卸売業・小売業、金融業・保険業、不動産業、物品賃貸業、学術研究、専門・技術サービス業、宿泊業、飲食サービス業、生活関連サービス業、娯楽業、教育、学習支援業、医療、福祉、サービス業(他に分類されないもの)】

(3)南三陸町新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(124万円及び12万円又はどちらか)の支給を受けない者。

(4)令和2年12月から令和3年2月までの間において、対象月(次のいずれかに該当する月)があること。
 ア:事業収入が、前年同月比で20%以上減少した月がある。
 イ:令和2年3月1日以降に事業を開始した者は、事業開始後、任意の連続した3か月の事業収入の平均額と比較して、20%以上減少した月がある。

 ■申請受付期間

 令和3年6月1日(火曜日)から同年7月30日(金曜日)

 ■申請方法

南三陸商工会へ持参

■申請に必要な書類

以下の①から④の書類が必要です。


①給付金支給申請書申請様式.docx [19KB docxファイル] 

 <記入例>

   ・記入例.docx [43KB docxファイル] 

   ・令和2年3月以降開業者用記載例.docx [39KB docxファイル] 


②営業実態、前年の事業収入又は任意の連続した3か月の事業収入及び対象月の事業収入が確認できる書類(営業許可証[開業届]等 + 売上台帳又は確定申告書の控え又は帳簿等)の写し
【法人の場合】
ア 対象月の属する事業年度の直前の事業年度の確定申告書別表一の控え及び法人事業概況説明書の控え
イ 対象月の月間事業収入が分かる売上台帳、帳面その他の申請日の対象月の属する事業年度の確定申告の基礎となる書類(ただし、当該書類を提出できないことについて相当の自由がある場合には、対象月の月間事業収入を記載した他の書類)
ウ 令和2年分の確定申告を完了していない場合には、令和元年分の確定申告書の控え

【個人事業主の場合】
ア 青色申告を行っている場合
 ⑴令和2年分の確定申告書B第一表の控え及び所得税青色申告決算書の控え
 ⑵対象月の月間事業収入が分かる売上台帳、帳面その他の令和3年度分の確定申告の基礎となる書類(ただし、当該書類を提出できないことについて相当の事由がある場合には、対象月の月間事業収入を記載した他の書類)
イ 白色申告を行っている場合
 ⑴令和2年分の確定申告書B第一表の控え
 ⑵対象月の月間事業収入が分かる売上台帳、帳面その他の令和3年度分の確定申告の基礎となる書類(ただし、当該書類を提出できないことについて相当の事由がある場合には、対象月の月間事業収入を記載した他の書類)
ウ 令和2年分の確定申告の義務のない場合や令和2年分の確定申告を完了していない場合、その他相当の事由により提出できない場合には、令和2年分の町民税申告書の控え又は令和元年分の確定申告書の控え


③通帳(振込先口座と口座名義が分かるもの)の写し


④業種コード一覧表
( Excel / PDF

 ■Q&A

 よくある質問 Q&A.docx [18KB docxファイル]