国勢調査とは

日本国内に住むすべての人と世帯を対象とする、国の最も重要な統計調査です。国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、統計法という法律に基づいて5年に一度行われる調査です。
調査期間中は、統計調査員が皆さまのお宅を訪問し、調査書類を郵便受けに入れるなどしてお配りします。インターネット回答も可能で、パソコンやスマートフォンから回答ができます。(郵送も可能です。)

【重要】新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた令和2年国勢調査の実施について

本年秋に行う国勢調査では、新型コロナウイルス感染症の発生と感染拡大を防止し、町民の皆さまと調査員の安心・安全を確保するため、次のように、世帯の皆さまと調査員ができる限り対面しない方法で行うこととしております。町民の皆さまにおかれましては、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

  • 調査書類の配布に当たって、調査員が9月中旬から各ご家庭を訪問しますが、調査の趣旨等の説明はインターホン越しに行い、調査書類は郵便受け、ドアポストなどに入れて配布いたします。ご不在の場合は、直接、郵便受け・ドアポストに入れさせていただきます。

  ※対面での説明が必要となる場合は一定の距離を保ちつつ簡潔に行わせていただきます。

  • 世帯の皆さまからいただく調査への回答は、10月7日の期限までに、できる限りインターネットでお願いいたします。(郵送も可能です。)

  ※この場合は、調査員が調査票回収のために訪問することはありません。

調査の期日

令和2年(2020年)10月1日現在

回答期間

インターネット回答期間 :令和2年9月14日(月)~10月7日(水)
調査票(紙)での回答期間:令和2年10月1日(木)~10月7日(水)

調査の対象

令和2年10月1日現在、日本国内に普段住んでいるすべての人(外国人含む)及び世帯を対象

※統計法では、正確な統計を作成するために、調査に回答する義務(報告義務)が定められています。

調査事項

  • 世帯員に関する事項(15項目)

「氏名」、「男女の別」、「出生の年月」、「世帯主との続柄」、「配偶の関係」、「国籍」、「現在の住居における居住期間」、「5年前の住居の所在地」、「在学、卒業等教育の状況」、「就業状態」、「所属の事業所の名称及び事業の種類」、「仕事の種類」、「従業上の地位」、「従業地又は通学地」、「従業地又は通学地までの利用交通手段」

  • 世帯に関する事項(4項目)

「世帯の種類」、「世帯員の数」、「住居の種類」、「住宅の建て方」
※設問は全16問

その他

そのほか、国勢調査に関しましては、「国勢調査2020総合サイト」をご確認ください。

国勢調査2020総合サイトはこちらから(外部リンク)

インターネット回答はこちらから(外部リンク)