町では、地域資源活用人材育成事業として、特に意欲ある事業者を南三陸町地域資源の付加価値を向上させるためのリーダーと位置づけ、将来の南三陸産業を発展させる人材として育成していくため、セミナー・ワークショップを開催します。

 また、セミナーやワークショップをとおして、プラットホーム構築後に実施する、南三陸ブランドの基準策定を見据えた地域資源の活用方法の検討とブランド管理・育成方法のノウハウを集積していきます。 

第3回開催案内

・名称

 心から愛される6次産業化ブランドを作る

 ~地域ブランド着想から事業化までの道のり~

・開催日時

 平成29年1月11日 水曜日

 午後6時15分から午後20時45分まで

・開催場所

 南三陸まなびの里 いりやど 研修室

 (宮城県本吉郡南三陸町入谷字鏡石5番地3)

・参加費

 無料

・講師

 松田 恭子氏

 株式会社結アソシエイト 代表取締役

プロフィール

 新潟市西区農商工連携協議会によるかんしょのペーストを使用した菓子の開発、鹿児島県北さつま漁協の無酸処理海苔のブランド向上検討等、全国様々な現場で六次産業化及びその事業化に取り組んでいる。

・内容

 地域の資源を活かして、ブランドを作りたい。高く売りたい。消費者にストーリーを伝えたい。日本全国どの地域でもその思いはほぼ共通しています。しかしながら、本当に消費者に愛されるブランドになるために何が必要なのでしょうか。

 一つ言えることは地域の1事業者が単独商品のブランドを行おうとしても限界があります。1次、2次、3次産業のプレイヤー、場合によっては思いもよらなかった地域内外の専門家も巻き込んで地域でチームを作り、綿密な作戦を練って総力戦でブランド化に取り組むことが必要です。

 本セミナー・ワークショップでは、どのように地域でチームを組みながら、戦略を実行していけばよいのかを学び、南三陸での6次産業商品のプランを立てていきます。

 皆様のご参加をお待ちしています。

・申込先

 南三陸町企画課地方創生・官民連携推進室

 メール:sousei☆town.minamisanriku.miyagi.jp(☆を@に変えてください)

 ※氏名、連絡先(電話番号、メールアドレス)、参加の動機(200字以内)を記載の上お送りください。

・本事業に関するお問い合わせ

株式会社ESCCA(事業委託先) 担当 山内

 メール:ryota.yamauchi☆escca.jp(☆を@に変えてください)

 電話:050-3562-6027