町では、地域資源活用人材育成事業として、特に意欲ある事業者を南三陸町地域資源の付加価値を向上させるためのリーダーと位置づけ、将来の南三陸産業を発展させる人材として育成していくため、セミナー・ワークショップを開催します。

 また、セミナーやワークショップをとおして、プラットホーム構築後に実施する、南三陸ブランドの基準策定を見据えた地域資源の活用方法の検討とブランド管理・育成方法のノウハウを集積していきます。 

第1回開催案内

・名称

 一時生産者が輝く無限大の可能性

 ~東の食の会、Fisherman Leagueの事例などから見る東北沿岸のこれから~

・開催日時

 平成28年11月4日 金曜日

 午後6時30分から午後9時まで

・開催場所

 南三陸まなびの里 いりやど 研修室

 (宮城県本吉郡南三陸町入谷字鏡石5番地3)

・参加費

 無料

・講師

 高橋 大就氏

 東の食の会事務局代表、オイシックス株式会社海外事業部長

プロフィール

 1999年外務省入省、2003年から2005年にかけて在米国日本大使館勤務を経て、2008年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。

 東日本大震災を機に、東の食の会事務局長に就任。

東の食の会の実績

・内容

 震災後、東北発の1次産業が脚光を浴びています。岩手県洋野町で地元産のアワビの香港輸出や、都市部の女性を狙ったサバの缶詰め(Cava(サ・ヴァ)缶)、福島県のトマトを新宿高島屋とマッチング、新米漁師としての新規移住など、これまでになかった高価格化、高付加価値化、そして人の流れを生み出す新しい取り組みが始まっています。

 その陰の立役者となったのが東の食の会であり、Fisherman Leagueです。

 その取り組みをケースとしながら、南三陸の一次生産者がより輝いていくためには何をしていくべきか。高橋氏の話を聞き、自らのアクションを探る機会を提供します。

 一次生産業従事者、一次産業を支援する方々のご参加をお待ちしています。

・申込先

 南三陸町企画課地方創生・官民連携推進室

 メール:sousei☆town.minamisanriku.miyagi.jp(☆を@に変えてください)

 ※氏名、連絡先(電話番号、メールアドレス)、参加の動機(200字以内)を記載の上お送りください。

・本事業に関するお問い合わせ

株式会社ESCCA(事業委託先) 担当 山内

 メール:ryota.yamauchi☆escca.jp(☆を@に変えてください)

 電話:050-3562-6027