経営方針・教育目標

■学校経営の基本方針

宮城県教育委員会・宮城県気仙沼教育事務所・南三陸町教育委員会の学校教育方針,施策を踏まえ,学校・家庭・地域社会との強い絆のもとで,将来の生き方を考える姿勢や学ぶ意欲を育み,よりよい未来を創造する高い志をもち,社会を生き抜くたくましい人間を育てる学校経営を目指す。

■教育目標
「夢に向かって,主体的に学び,心豊かでたくましく生きる児童の育成」

■目指す学校像
◯一人一人が大切にされ,分かる・できる喜び,創造する喜びが味わえる楽しい学校

◯笑顔があふれ,気持ちのよい挨拶が行き交い,さわやかな歌声が響く明るい学校

◯人やもの,自然への思いやりの気持ちが満ちている美しい学校

○信頼され,相互の関わりを深めながら家庭や地域と共に歩む学校

■目指す児童像

《よりよい自分を目指す・今の自分を超える児童 【全力 そして 自己ベスト】》
○「い」いつも まなぼうとする子  ≪進んで学習し,よく考える子供≫
○「り」りりしく たくましい子   ≪体を鍛え,粘り強く最後までやり抜く子供≫

○「や」やさしく たすけあう子   ≪思いやりの気持ちをもち,礼儀正しく接する子供≫

■目指す教師像

《使命感をもち,向上する教師》

○分かる授業づくりを通して,基礎・基本の定着と将来に向けて生きる力を身に付けた児童の育成に努める教師(学力を保証する教師)

○共に活動することによって児童理解に努め,人とのかかわり合いを大切にする児童の育成に努める教師(子供と共感する教師)

○児童主体の教育活動を実現する情熱と気力をもち,協働の精神をもち,組織の活性化に努める教師(仲間と協働する教師)

○校種間の連携や家庭・地域との連携を進めながら,地域に開かれた学級・学校づくりに努める教師(地域連携を推進する教師)