自然環境活用センター(通称・ネイチャーセンター)について

震災前の状況

 

 自然環境活用センターは、農村地域農業構造改善事業により本町特有の海洋性自然資源を活用し、都市的生活者等に健全な余暇活動の場を提供する目的で、昭和57、58年度に建設されました。

 当初は、農林水産業や観光振興のほか、コミュニティ活動なども含めた多目的施設として位置づけられ、生鮮野菜・魚介販売・伝統的漁具等展示を行ってきましたが、社会的ニーズの変遷により、平成11年度に横濱康繼氏(元筑波大学教授)を所長に招き、生物たちの営みを観察し、学ぶための施設として再スタートしました。

 変更後は、南三陸町の恵まれた自然環境を活用し、町内外の利用者に質の高い環境教育プログラムを提供し、人材育成を図りながら、交流人口を増加させ、地域の活動につなげていくという目的のもとに「エコカレッジ事業」を展開していました。

 地域資源を活用した農漁村と都市住民との交流拠点であるとともに、地域と一体となった研究と教育を行い、環境の世紀を担う人材育成にも貢献していました。地方自治体が運営し、研究者が直接立ち上げと運営に携わるという点でも全国で例をみない施設でした。

 しかし、南三陸町戸倉地区に立地していた当センターは、平成23年3月11日の東日本大震災による津波の影響を受け、2階建ての建物の屋上まで水に浸かり、志津川湾の生態研究成果をはじめ、長年蓄積してきた文献や論文等の収蔵資料、湾内で採集された海洋生物の貴重な標本、研究に使用してきた機材等のほぼ全てを失いました。 

 

現在の活動

 

ネイチャーセンター準備室だより

広報みなみさんりく」(毎月1日発行)に「ネイチャーセンター準備室だより」を寄稿しています。

志津川湾の様子を写真を交えて紹介していますので、ご覧ください。(以下、抜粋して添付)

平成28年2月 平成28年3月 平成28年4月 平成28年5月 平成28年6月
平成28年7月 平成28年8月 平成28年9月 平成28年10月

平成28年11月

(最新号)

平成28年12月 平成29年1月 平成29年2月 平成29年3月 平成29年4月
リンク

南三陸ネイチャーセンター友の会

 東日本大震災によって被災した南三陸町自然環境活用センターの、施設及び機能のより良い形での再興を支援することを目的とし、またそれを通じて、町民への自然環境の理解促進と持続可能な社会の形成に寄与することを目指す有志が集まり、活動を行っています。