町では、新規学卒者を雇用した事業主を支援することにより、若年者の地元への定着及び雇用の拡大を図ることを目的に、常用の労働者として新規学卒者を雇用している事業主を支援します。 

※本奨励金制度を廃止したため、現在受付は行っておりません。

事業内容 

対象事業主

 町内に事務所、店舗又は工場を有する中小企業者で、雇用保険法の適用を受けている事業主(ただし、風俗営業等を営む者及び町税に滞納がある事業主を除く。)で、新規学卒者を常用の労働者(雇用期間の定めのない労働者又は1年以上の雇用が見込まれ、かつ、1週間の所定労働時間を30時間以上として雇用された労働者をいう。)として6ヶ月以上雇用している事業主。 

新規学卒者

 学校(学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する中学校、高等学校、大学、専修学校及び職業能力開発促進法(昭和44年法律第64号)に規定する職業能力開発校をいう。)の教育課程及び訓練過程を修了後3ヶ月以内に事業主に雇用され、その雇用された日から引き続き町内に住所を有する者であって、町内の中学校を卒業した者。(ただし、事業主又は取締役と2親等以内の親族関係にある者は除く。) 

交付額

 常用の労働者として6箇月以上雇用された新規学卒者1人につき30万円。

手続き方法等

◇受付期間 : 随時受付

◇提出書類 : 南三陸町新規学卒者雇用促進奨励金交付申請書

※様式はこちらからダウンロードすることができます。

南三陸町新規学卒者雇用促進奨励金交付申請書 [70KB rtfファイル] 

必要書類

  • 雇用した新規学卒者に係る雇用保険被保険者資格取得等確認通知書の写し
  • 雇用した新規学卒者が直近に修了した学校の卒業証書の写し又はこれに代わるもの
  • 雇用した新規学卒者の住民票の写し
  • 雇用した新規学卒者に係る雇用の日から申請書を町長に提出する日までの出勤簿の写し又はこれに代わるもの
  • 申請書を町長に提出する日において納期が到来している当年度の町税(申請者が納税義務者である町税に限る。)の納税証明書

申請期間

 新規学卒者を雇用した日から起算して6ヶ月を経過する日の翌月20日まで。