ラムサール条約湿地志津川湾のロゴが決定しました

国際的に重要な湿地としてラムサール条約に登録されている志津川湾について、広くその魅力を発信する際に活用するロゴマークを決定しました。

このマークは、志津川湾の特徴である暖流のアラメと寒流のマコンブ、そして、アマモにより暖流寒流の混ざり合いを現すとともに、志津川湾の藻場を表現しました。また、志津川湾で確認できる貴重な水鳥であるコクガンもあらわすことで、志津川湾の生物多様性を表現しています。

ロゴマークの使用について

南三陸町がロゴマーク著作権を有しています。ロゴマーク使用を希望される場合は、下記までお問い合わせください。