震災復興計画では、八幡川西側とJR気仙沼線に囲まれた区域を中心に、防災機能を具備し南三陸町の鎮魂復興の象徴として防災文化を育むメモリアル公園を整備するなど、公園・緑地ゾーンとして計画しています。

 しかし、区域全体を公園として整備するには、様々な課題があることから、計画の見直しを行っています。