町では、建築基準法(昭和25年法律第201号)第39条の規定に基づき、津波等による危険の著しい区域を災害危険区域に指定するとともに、当該区域内における建築物の建築を禁止しております。

 

建築を禁止している建築物

 ・ 居住の用に供する建築物(工事を施工するためその工事期間中必要となる仮設建築物を除く。)

 ・ 建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第19条第1項に規定する児童福祉施設等

 ・ 旅館業法(昭和23年法律第138号)第2条第1項に規定する旅館業の営業に供する施設

 ・ 医療法(昭和23年法律第205号)第1条の5第1項に規定する病院及び同条第2項に規定する診療所

  (患者を入院させるための施設を有するものに限る。)

 ・ 宿泊設備を有する研修施設

 

 ※1 既存住宅の修繕は、可能です。

 ※2 事務所、店舗、倉庫、作業場は、建築することができます。  

 

災害危険区域について

 東日本大震災の後に指定した災害危険区域の詳細図は次のとおりです。

 

 

 指 定 地 区

歌津地区

【伊里前地区】 

志津川地区

 

【志津川市街地】(詳細図は字ごと) 

 

戸倉地区

 

【戸倉地区】