鹿子踊引継ぎ式

今朝の情報番組に先日本校で行われた「水戸辺鹿躍り」の引き継ぎ式の模様が放映されました。
6年生は、この1年間、保存会会長の村岡賢一さんのご指導の元で練習をしてきました。いよいよ5年生にバトンタッチをする前に、1年間の集大成を保護者や今回はテレビカメラの前で披露しました。衣装を着けていない分、一人一人の表情や動作がよく見えます。どの子も真剣な顔つきで、隊列が変わるときもぴったりと息が合っていました。
6年生の代表の言葉に「自分たちがこの地域を盛り上げ、元気にする」という言葉がありました。地域の伝統を受け継ぐことの意味をしっかりと捉えていることがとても嬉しく思いました。最後に太鼓のばちを6年生から5年生に渡しました。ばちと一緒に、地域の一員として生きていく「心」も一緒に受け継がれていくことでしょう。


 

学習発表会近づく

来る21日,土曜日は本校の学習発表会です。今日の午前中は,児童公開(総練習)でした。
4月に入学した1年生の息ぴったりの開会の言葉で幕を開け,2~5年生の合唱と全校表現と続き,いよいよ各学年の劇です。
では,プログラム順にご紹介します。

5年生の「まぬけ村物語」では,ユーモアあふれる話に会場が笑いの渦に巻き込まれました。特に芋の袋を持った息子を父親が背負う場面は抱腹絶倒です。
4年生6名という学校一番の少人数学年で,一人何役をもこなして「オズの魔法使い」を演じました。6人で何曲もの歌を熱唱します。
1年生は,かわいい「ねずみのけっこん」です。一人一人がすっかり台詞を覚え,大きな声で堂々と演じていました。平井堅のマイクパフォーマンスが観客を魅了します。
2年生の「おばけじぞう」では,子どもたちが楽しんで演じているのが伝わってきます。衣装や小道具,BGMも子どもたちの演技を効果的に支えています。
3年生は「三年とうげ」を演じます。途中,体育で学習した「前転」も登場し,舞台狭しと大熱演です。歌声の美しさも披露します。

そしてトリを飾るのは今年最後の学習発表会となる6年生「勧進帳」です。
歌舞伎十八番の「勧進帳・安宅の関」の場面では,何も書かれていない巻物を朗々と読み上げるところが見どころの一つです。たくさんの台詞ながら,一人一人が役になりきり演じます。

これまでの練習の成果を発揮することと思いますので,子どもたちの熱演に温かな拍手をいただけたら幸いです。土曜にはご家族,地域の皆様お誘い合わせの上,たくさんの皆様のご来場を心よりお待ちしております。

6年勧進帳【6年「勧進帳」】

 

 9月4日

9月に入り,吹く風には秋の気配を感じるようになりました。
二学期が始まって1週間が過ぎました。長い夏休み中,事故なく元気に過ごせたことが何よりでした。今年の夏休みは7月末から天候不順が続き,海やプールで真っ黒に日焼けした子どもたちは少なかったようですが,9月6日は「校内水泳発表会」を行い,泳力を披露する予定です。
本番に先立ち,今日は全校浮き輪リレーの練習をしました。全校4チームに分かれ,低学年が浮き輪に入り,中・高学年が2,3人で引っ張る競技です。個人種目同様に大いに盛り上がるレースになると思いますので,盛大なご声援をどうぞよろしくお願いします。

【昨年の浮き輪リレー】