チリ共和国 イースター島の「モアイ像」 贈呈記念行事について

『モアイ(Moai)』 未来に生きる。

 『モアイ(Moai)』には、「未来に生きる」という意味が込められています。 

このたび、南三陸町とチリ共和国の友好のあかしと、震災復興のシンボルとして、イースター島からモアイ像が贈られます。

 このたび、モアイ像の贈呈記念式典を開催することとなりました。

 南三陸町 モアイ像 贈呈記念式典

 チリ共和国・イースター島の『モアイ像』が友好と震災復興のシンボルとして贈呈されます。

それに伴い、モアイ像贈呈に伴う記念式典を開催します。

 と き:平成25年 5月25日(土曜日)10:00 ~ 11:30 ごろ

 場 所:南三陸さんさん商店街 駐車場内 特設会場(南三陸町 志津川字御前下59-1)

 内 容:①「贈呈式」イースター島代表、駐日チリ共和国大使参列のもと、モアイ像の贈呈式を実施します。

     ②「除幕式」贈呈されたモアイ像のお披露目のため除幕セレモニーを執り行います。

     ③「開眼式」贈呈されたモアイ像に『魂』を吹き込む開眼式を執り行います。

 モアイ像 贈呈記念講演会

  モアイ像の『贈呈』及び『式典』に、ご尽力を頂きました関係者の方々による講演会を行います。

  と き:平成25年 5月26日(日曜日)10:00 ~ 12:00 ごろ

  場 所:南三陸プラザ 3階 コンベンションホール「つつじ」

         ( 南三陸町天王山135-1 【 TEL : 0226-46-4822 】)

 【内 容】

   挨 拶:左野 勝司  氏(飛島建設株式会社 代表取締役)

   講 演:アンナマリア 女史 

        『ラパヌイの現在と未来』

       高木 啓行  氏(株式会社タダノ 執行役員)

        『人生不思議なものですね(イースター島モアイ像修復プロジェクト経験談)』

   入場料:無 料

 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

 

 南三陸町 と チリ共和国とのつながり

 1960年のチリ地震を契機に、南三陸町とチリ共和国との友好関係が始まりました。

その後、復興30年を記念して1990年に『復興と友好』のため、モアイ像が設置され、友好のシンボルとして親しまれておりましたが、今回の東日本大震災により流出してしまいました。

 今回、新たな町の復興のシンボルとして、イースター島からモアイ像が贈られます。